2013/12/28 13:00 ナガタニさん

ソロギター

いつも何度でも

動きは大体覚えていたので、細かい部分の練習と、メロディの流れについて説明しました。難しい動きの部分では、手前でいかに次の押えの構えを作れるかが大事です。開放弦や動かない音などを上手く利用して、次の押えの準備を出来るようにしていきましょう。メロディは聴いてみるとわかりますが、小節線より前から始まっています。原曲が歌モノの場合は、しっかり歌詞をイメージして弾きましょう。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中