2013/05/29 18:00 オカダさん

エレキ

アドリブ

I CAN DO BETTERなどを使って、ペンタだけではなくコードを意識したソロの方法を学びました。6度音程をクロマチックで動かすフレーズは上昇、下降の両方を手癖にして、1つのコードが長く続く場合は使ってみましょう。6弦ルートのポジションを一瞬で探す練習にもなります。ペンタを1本弦で横に動く場合は、音の間隔が広いか狭いかだけなので、数珠つなぎに前の音を利用して勘で次の音を見つける練習をしましょう。フレーズの引き出しを増やすにはサックスやピアノなど何でも良いと思ったフレーズはコピーしてみましょう。歌メロも良い練習になります。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中