2013/03/30 16:00 タルタさん

アコギ

ロビンソン(スピッツ)

アルペジオは左手が押さえっぱなしですが、どの音を出しているのかリアルタイムで1音1音意識を動かしていきます。音が出にくいバレーや小指からみのフォームも所々でリセットして弾きましょう。手首を前に出したり弾いたりを同じポジションであっても、どの弦をバレーしたいかで調節すると軽い力で奇麗な音が鳴る様になります。1小節づつ区切る丁寧な練習と、多少間違っても良いので通して弾く練習を交互にしましょう。難しい所は2音のみ繰り返すのも良いです。短すぎると曲のどの部分か認識が難しくなりますが、技術は短期間で上がります。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中