2013/03/30 14:00 オカダさん

エレキ

hotel california (eagles)

同じ音を、チョーキング、スライド、そのままと3パターンで連続して出すフレーズが多いので、同じ音であることを意識して弾きましょう。半音の半音をクオーターといいますが、そのさらに半音以下の微分音が出てきます。人間の言葉も音階の間に存在する微分音で抑揚をつけますが、慣れて来ると微分音の大切さがわかってきます。コード進行に合わせたソロをとるためにペンタだけでなくコード進行をハイフレットの1〜3弦のみで弾ける様にしましょう。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中