2013/01/30 18:00 コブキさん

エレキ

TRIPTYCH (DAITA)

フレーズをどこで区切っても、新しいメロディーの音列として認識するトレーニングをしました。ドレミを2オクターブ半にループし続け、3音区切り、4音区切り、5音区切りなどでアプローチしました。レガートでも出来る様になるとテクニックと音階のグループ分けがお互いに完全に自由になります。ピッキングのタイミング、弦移動のタイミングとフレーズの区切れ目に相関関係の全くないフレーズを練習すると、メカニカルな速弾きフレーズはとても簡単に弾ける様になります。かなり高次元のアプローチなので、集中しつつ気長に取組みましょう。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中