2013/01/30 17:00 サカキさん

エレキ

カサブタ (千綿ヒデノリ)

1、2弦の複音フレーズは、本人がどういうコンセプトで弾いているか仮説を立ててアプローチするとスッキリします。最初の単音弦は意図的だとして、後半はドライブ感重視でラフにプレイした為に、ピックが空振りしてしまっている可能性があるのでそこを複音のつもりでプレイすると余裕のあるグルーブが出ます。スライドを使うタイミングも取捨選択して1拍目表にはスライドを使わない様にするとスッキリします。16分が一瞬入る所は、前もって空ピッキングの振幅をコンパクト且つ、次に弾く弦より上の方で行うとシャキッとプレイ出来ます。

太田黒

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中